アイセル沖縄(ISEL OKINAWA COMPANY PROFILE)


グローバルに活躍するアイセルグループの製造・流通拠点“株式会社アイセル沖縄”

他社には真似できない高い技術や多数の特許を保有している私たちの製品は、日頃皆様の目に留まるようなものではありませんが、スマートフォンに使用されている「半導体」や「有機ELディスプレイ」、ハイブリッドカーの「バッテリー」を生産する装置に組み込まれており、日本国内だけではなく世界各国で利用されています。 この度、益々増加するアジアの需要に応えるべく、アジアのハブ工場としてアイセル株式会社の100%出資で株式会社アイセル沖縄を竣工いたしました。私たちの目標は、ただ商圏を広げるだけではなく、アイセルを世界的なレベルの会社へ成長させること。全社一丸となって、これまで以上にクリエイティブで高度な仕事を目指します。

半導体関係・液晶フィルム・アイセル沖縄 工場風景

特長---特色:独自のアイデアによるモノづくり、強み:高い技術力、立地:アジアのハブ工場


特色:独自のアイデアによるモノづくり:ニードルローラー式の直動ガイドや今までにない新しいスリット形状のカップリングなど、アイセルでは他社にはない独自のアイデアでモノづくりをおこなってきました。単にモノを売るのではなく、お客様が必要とするモノを創意工夫、知恵と努力によって創り出す。そこから生まれた独自の製品により、お客様にとっての真のソリューションを実現します。

強み:高い技術力:アイセルが得意とするのはアイデアを形にすること。「あんなことできないかな、こんなことできないかな」良いアイデアを思いつくことはたくさんあります。 『実現するための設計力』、『形にする技術力』、『それらを商品にする営業力』、皆様がやりたいことを実現する力がアイセルにはあります。

立地:アジアのハブ工場:沖縄県というアジアの中心に位置する立地により、アイセル沖縄はアイセルグループのハブ工場として生産と販売の中心的な役割を担っています。また、アイセル沖縄独自のモノづくりにも力を入れ、
単なる生産拠点に留まらない開発型企業を目指しています。